【投稿者】おっさん様(28歳、男性)による体験談のご紹介です。

日本にも以前は景気がいいときがありまして、80年代にはバブル経済になり日本自体がかなり活気がありました。
しかしそれも長く続かず、そのときの負債が多く抱えた方が多くなりそのときに自己破産などもした方もいております。

借り入れの量が多くなってしまうと普通の生活をしている方などは絶対に返す事ができませんし、私の周りでも土地を買い占めて良い生活をしていた方も多かったですが、最終的にはどうする事もできない状態になっていました。

私自身もそのときはまだ小さく何とも思っていなかったのですが、いろいろと勉強などしていると債務整理などの重要性などが感じた所もあり今後の時代一般の方でも知っておいた方が良い分野でもあると感じております。

近年はアベノミクス効果で景気はだんだん回復してきているのもありこの時期にいろいろな商売する方もまた多く出てきております。
特に最近多い分野でいきますと株関係が本当に多いですし以前より簡単にできるようになっておりますので携帯でやられている方も多いです。

しかしこのときによくお聞きしているのがやはりうまくいかないなどがあり経験がなくやってしまっている分借金が膨らんでいる状態の方も中にはいておりました。
何かをするにあたり絶対に資金は必要になりますし、その為に夢に投資する方も多くなりますので必ずしも成功しない所もあります。

私も以前店舗経営をしておりまして資金繰りがうまくいかずに債務整理の事を考えておりました。
私の中ではあのときはうまくいくと思っていたんですが、実際にやってみるとだんだん資金繰りが難しくなってきてどうする事もできない状態になっていました。
私に債務整理の内容がよくわかっていなかったんですが、そのときの知り合いの弁護士の方に全てやってもらった形になりました。

そのときの失敗の事を考えますと、後悔の事しか頭に浮かばずそれからしっかりと勉強するようになりました。
どんな時代でも資金を使うときは運用を考えあとは政務整理関係もやる前からちょっとでもわかると経営はやりやすい状態になるかとも感じております。